北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特番、ビールかけ、チケット争奪
1位が1位を証明するためにやるような、おかしなクライマックスシリーズも無事勝利で終わり、あとは日本シリーズの対戦相手がどちらになるか楽しみだ。優勝後に行われたTVの特番やメディアでの報道、地元の新聞はファイターズの話題ばかり(笑
特番は2つ観た。UHBとHBCの番組だ。
大体、昨年と同じ感じで二人組になってインタビューを受けていた。
稲田と信二、森本と稲葉、武田勝と武田久、誠と賢介、工藤と小谷野といった組だった。聞くまでもないだろうという質問がイマイチだったが、その中で、勝さんは逆転HRを浴びたり、ノックアウトされたりで少し反省していた感じ。信二もあまりシリーズでは活躍できていなかったせいかちょっと自分の内容には不満足だったようだ。それでもやはり優勝した喜びは全員から感じ取れた。

昨年とは違うのは工藤と小谷野の二人が特番に出ていたこと。二人とも1軍に定着して随所にいい活躍をしてくれたし、年棒を上げなきゃいけないと広瀬が言っていたがその通り。ただ、昨年も赤字と言われていた球団。今年も予定されるパレードですら寄付が主体で、昨年の年棒ではすんなりサインとはいかない選手が多かったのを思い出す。2年連続リーグ優勝で年棒はどこまで上げられるのか謎だ。ケチケチの大阪人の会社が彼らにご褒美をどこまでできるのか、ちょっと気になった。


そしてビールかけだ。
ビールかけの会場ではしゃぐ選手たちの中で森本は兵士の姿で水鉄砲で応戦。稲葉はスパイダーマンのマスクを被っていたが、呼吸がしづらく失敗だったと言っていた。誠は、ビールジョッキの被り物をして「まだまだ暴れるぞ」とかけ声をあげていたのは笑わせてもらった。ビールジョッキの被り物、まさにビールかけにふさわしいな。

でも、一つ、あまり活躍していない川島が大先輩たちに、パイロンを使ってどっぷりビールをかけていたのだ。そんなにTVに映りたいのか川島? あの牽制死から評価はまだ上がっていないのだ。もっと活躍してからじゃないと観ていて面白くはないな。他に活躍していた選手が地味に隅っこでやっているのを比較するとそう感じてしまう。

ヒルマンも相当嬉しそうだった。何故か遠藤アナをお姫様だっこ。遠藤アナって幸せな人だね、この人、なぜかビールかけを一緒に楽しめるマスコミたち。


チケット争奪合戦は昨年より酷いらしい。
新聞では、豊平区の会社員(38)が12回線を使って、たったのチケット4枚しか取れなかったというから驚きだ。しかし、一般の人が12回線を持つのは考えにくい。業者だろうか、この人? これで、もしもチケット転売なんてしていたら腹立つ。実際に今年も転売で儲けようとする人がいるんだろうな。

優勝時が稼ぎ時と見て、トラバを乱発する人もいて困ったものだ。注意書きが読めないのかリンクもしていないのに宣伝だけは熱心にしてくる。優勝時に特有な出来事も今年も変らないようだ(笑


で、気になる相手はどちらになるか。
予想するのも野暮だが、昨日で王手をかけられた巨人。
意外にも巨人が相手になって欲しいという人が多いのが新聞で分かった。

アンチ巨人の自分でさえ、今年は巨人と戦いたいと思うのだから不思議だ。
中日は昨年相手したし、HR打者をずらりと並べたジャイアンツと投手王国のファイターズが戦うのも面白いかなと思っている。

まぁ、どっちが来てもいいけれどね。
ただ、ジャイアンツの方が投手がもろい感じがするので。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。