北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Fの炎」立石投手が出演
北海道日本ハムファイターズ

今回は立石投手がゲストに登場。
結構、クールな感じの人だと思っていたが、番組での笑顔を見ると人が良さそうな感じ。


さて、番組では、
押本投手の結婚披露宴の映像が冒頭で紹介。
立石投手も押本投手と同じ日に結婚式を上げたとか。知らなかったな。オフじゃないと結婚式は挙げられないもんな。


ちょっと、番組の一部の会話をアップ。

吉田アナ
「今シーズンを振り返っていただきたいんですが、28試合に登板されまして5勝1敗ということで、この成績については?」

立石
「今年で7年目なんですが、勝ち星的には2番目の年なんですが防御率が7年間で1番良くて1番充実していた年だと思います」

吉田アナ
「防御率が2.23と抜群ですよね」

広瀬
「やはりファイターズの投手陣のなかで、本当に立石がいなかったらとんでもないことになっていたね」

吉田アナ
「しかも先発と中継ぎと両方のお仕事をされて大活躍ということなんですが、先発とセットアッパー両方やる投手のことをメジャーでは何と?」

立石
「スインガーというらしいんですよ」

吉田アナ
「あまり日本では聞かないですね」

立石
「そうですね」

吉田アナ
「広瀬さん、日本球界を見渡してみても立石さんくらいしかスインガーというのはいないですよね?」

広瀬
「そうですね、今の野球界というと、先発、中継ぎ、抑えという感じなんで、本当にね、フル回転。性格なんですよ。文句一つ言わずにね、コツコツコツコツ。」


文句言わずにプレーというのは好感持てますな。ぶつぶつ言わずに成績がいいってのは球団にとってもありがたい存在じゃないですかね。そういえば、契約更改も一発サイン。


そして、スープカレー部長として、立石投手は大変有名なのだが、お薦めのスープカレー店、「らっきょ大サーカス」(札幌)が紹介されていた。ここでは宣伝になるので、詳しくは検索して情報得てくれ(笑)

スタジオにもそのスープカレーが出され、立石さんが食べるが、すぐに広瀬さんが横取りして味見。腹が減っていたのか?広瀬さん!!



その他、ファンの方になんと呼ばれたいかを問われると、今年初めて「なおりん」とよばれたらしく、ファンの方が喜んでくれるなら何でもいいですとのこと。

「立石投手、もうじき36歳です。」と広瀬さんが突っ込むが。

スインガーなおりん、スインガー立石でもいいじゃないですかと言われていた。



うーん、なおりんかぁ、ダンディ立石のイメージが壊れる・・・。まぁ、女性は呼びやすいだろうね。



Fの炎は年末、年明けにファイターズ特番があるらしい。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。