北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セ・パの違いは大きいな
セパ統一のポストシーズン(PSG) 

北海道でも、暑くなってきた今日この頃、PSG議論でも熱くなっている模様。 来季の公式戦実施案は4つあがっているそうで、
    交流戦(リーグ) 計
  1. 36(110) 146試合(パの主張)
  2. 30(110) 140試合
  3. 24(120) 144試合(セの主張)
  4. 18(125) 143試合
パは交流戦36試合を減らしたくない一方で、セは交流戦を減らし、プレーオフをなくしてシーズン1位を優勝としたいらしい。

しかも、パがプレーオフを止めるという妥協をしたが、セはそれを拒否したらしい。セはとにかく交流戦の試合数を減らしたいらしいのだ。結局、20日に再協議するらしい。


全くここでは議論に参加はできないので、感想だけに留めるが、交流戦をホームとアウェイでそれぞれ2試合ずつ、合計24試合でもいいかもしれないね。これだと1ヶ月で交流戦が終えられるそうだ。プレーオフについても現状では両リーグ日程のズレが起きてしまうし、どうせなら両リーグ実施するか止めるかで統一したいのだろう。

ただ、セではギクシャクしたプレーオフをやろうとする球団はないようで、統一するなら、無くす方向にいくのではないかなと見ている。つまり、セの議論に落ち着きそうな気がするのだ。


今年、ファイターズの交流戦6試合を見たが、やっぱり横浜と広島戦はお客さんは多くは無かった。日程も厳しいのだろうし、ここは少し減らしてもいいような気がする。

ただし、無くすのは反対だ。選手にとってもリーグ内だけの戦いではなくて、交流戦によって他のチームの選手を知ることができるいい機会じゃないかと思う。セ・パともにいい選手がいる。戦わせないと勿体無い気がする。

大リーグとの試合があって、日本もアメリカを知ることができた。日本からアメリカへ行く選手が増えたというデメリットはあったけれども、日本から行った日本人たちは大物相手に成長して活躍している。闘って学ぶことも多いはず。


経営的には観客数が減ってセ・リーグは苦戦しちゃっているらしい。それゆえ、交流戦の試合数を減らせという意見が強いようだ。横浜あたりは交流戦になると客が激減するそうで困ったものだ。

しかし、ファイターズでは新庄効果で交流戦の客数が上がった試合もあったわけで、経営的なものはやっぱり球団の努力が問われる時代じゃないだろうか。逆にイベントがないとそう簡単には客が来ない時代になっているというべきなのかも・・。


今はTV中継見るほうが楽だしね・・・。衛星TVとか。
さて、この議論20日にはどうなることやら。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。