北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の最後まで追え!
キング小笠原逆転31号2ランHR 


ファイターズ 5-2 バファローズ 

西武が勝ち続けるので厳しいのは分かっている。
一つ一つ善戦してファイターズも勝ち続けるしかない。
今日もよくやった。よく勝ったぞファイターズ!

今日は試合前の練習を、


約30分切り上げたらしい。
連戦と疲労を考えての監督の配慮だとか。
確かに練習や緊張感、そういうのも必要だが、疲労でぎこちなくなるのは良くない。
それが効果的ならいいかもしれない。練習が怠慢だったらまずいが、ここまできたら実力あるのみ。

今年のヒルマン監督には、いくつか不可思議な采配もあったものの、
自分の中では少し評価が上がっている。

特にバントや足を絡めた作戦は、昨年までの雑な戦いから、
貪欲に点を取っていけるので、成績にも現れている。
監督の戦略が変わってくれたのだ。


さて、そんなチーム改革をしてきたファイターズ。

今日は1回に効率よく森本のヒットを、セギがタイムリーで1点先制したものの、3回に先発の立石サンが2ランを被弾。映像を見ていなかったので立石サンの調子がどうだったのかは不明。

しかし、4回からトーマスに替わっていたので調子は今ひとつだったのかな。


ナイスキャッチ!!

5回には金子のヒットを置いて、キング小笠原が31号の価値ある逆転2ランで3-2ガッツも喜ぶ表情ではなく厳しい表情。この試合の大事さを分かっている。

守りのほうでも、6回、水口のあたりをファインプレー。これはよく飛びついた。抜ければ流れが変わって危なかったですね。

そして、7回にはセギノールがまたもタイムリーで追加点。9回には賢介のヒットをガッツがスタンドに入るかという2塁打で5-2と勝負を決めた。ヒーローインタビューは猛打賞のガッツ。今日は集中しているという言葉通りの素晴らしい活躍だった。

ただ先発の立石サン、大事な時期にベテラン陣が崩れるのは金村に続いてちょっと残念。
橋本も2軍行き。ローテーションが少し狂い始めている。今日は、そのかわり個人的に今季の評価が上がらなかったトーマスが勝利投手に。今日は無失点に抑えてようやくイメージアップというところだ。

昨日に続き押本、オカジ、久やマイケルが登場し、投手はほぼフル回転状態だ。
さあ、ダルビッシュよ、明日は彼らを休ませる投球を任せたゾ!!

その他のポイント
幸雄サン登場も三振・・(8回)
失策 金子(8回)この時期失策は命取り、次はしっかり

スカイマーク 観客数 15965人 試合時間 3時間45分

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 1 0 0 0 2 0 1 0 1 5 11 1
オリックス 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 11 0
勝利投手 [ 日本ハム ] トーマス(4勝1敗1S)
敗戦投手 [ オリックス ] 高木(0勝1敗0S)
セーブ [ 日本ハム ] MICHEAL(4勝1敗34S)
本塁打
[ 日本ハム ] 小笠原 31号 5回2ラン
[ オリックス ] ガルシア 11号 3回2ラン
バッテリー
[ 日本ハム ] 立石トーマス、押本、岡島、武田久、MICHEAL - 高橋、鶴岡、中嶋
[ オリックス ] 高木、本柳、山本、ユウキ、萩原 - 的山、日高
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
今日から、ファイターズはお得意様のオリックス3連戦。本日8日は、6月に雨天中止となった予備日で、スカイマークでの試合。ファイターズは、小笠原選手がホームランキング独走の31号2ランホームランなど3安打猛打賞3打点と大
2006/09/09(土) 01:57:39 | 今日の新庄くん 
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。