北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の「Fの炎」
ファイターズ直前情報 

10月10日の番組の内容を一部メモしました。
森本賢介金子稲葉選手へのインタビューなど、直前情報です。
まずは、森本賢介のインタビューから。
Q:トップバッターとして常に心がけていることは?

森本:大事な試合になればなる程、先取点を取りたくなってみんなも固くなるじゃないですか。やっぱり、先取点が大事だと思うので、それは最終戦とかで感じた事なんですけれど。初回何とか塁に出てチャンスを作りたいですね。

Q:2番打者として意識している事は?

賢介:バントとか小技だけの2番バッターは相手チームは全然恐くないので、やっぱりいろんな事を自由自在にできないとチームとして成り立たないですから。やっぱりチャンスのときは積極的にいって、場面場面で自分を変えていけるようなバッターが2番を打つのが一番いいんじゃないかなと思います。

Q:お互いの事をどう思っているのか?

森本:3割打ったし盗塁も多いし、で、バントも凄い多い。充分チームに貢献しているとは思います。

Q:そういう意味では一番にいても心強い2番バッターと?

森本:僕が凡退しても賢介が出ることもよくあったんで、それで点が入る事もよくあったので、(僕が)凡打に終わっても「次、賢介 頼むぞ」って感じです。

結構 他力本願です♪(と笑いを誘う)

Q:逆に賢介さん、1番バッターとしてどうですか?

賢介:1番バッターはチームに勢いをつける事が大事ですから、チームは盛り上がりますよね。

森本:内容ですよね。いい内容のまま、賢介に繋げたいというのはあるので、三球三振とかはしないように心がけていますけれど。初球とかを簡単に凡打しちゃうと打ちづらいよな。

賢介:それは伝わってきますよ。打席を大事にしているっていうのは後ろにも伝わってきますし、打ちやすいっていうのはありますね。


Q:プレーオフ前にして、意気込みを

森本:飛行機に乗るのが嫌なんで、札幌ドームで是非決めたいと思います。頑張ります。

賢介:札幌ドームでヒルマン監督を胴上げします。

Q:はい。・・・。ありがとうございました。

森本、賢介:ありがとうございました。

森本:凄い、ずっとしまった感じで・・。


といつもよりかなりマジメなインタビュー。

しかし、そこにはカットされたおまけがあった。


ピンポーン、おまけ

バントのサインの時は転がすっていうのは分かっているので・・・、(マジメに答える森本)

これFの炎ですよね!?

番組の趣旨か何か変わったんですか!?
マジメ路線でいくようになったんですか?


- いやいや、マジメ路線の番組ですから・・・ -

そうなんですか?


- 今、気付きました? -

いや、ちょっと方向性変わったのかと思って


- いえ、最初からもうマジメ・・ モゴモゴ -

こんなにマジメに話した事があまりないので・・・


森本さん 

Fの炎はマジメなスポーツ番組です(>_<)


とテロップを打たれてしまいました。


その後、広瀬さんの娘が川崎選手(ホークス)からサインを貰っていたことが判明!
なんと、娘は川崎選手のファンだった・・・。


そして、ファイターズ直前情報として、9日の練習の模様もありました。
金子選手と稲葉選手にインタビューです。


広瀬:あと二つかったら優勝と

金子:そうですねえ、まず一つ目ですよね。北海道で胴上げするには二つ続けて勝たないといけないから、あいだが空いて、最初の方はまったりした感じがあったんですけれど、緊張してきましたね。完全に2週間離れて、選手たちに試合の感覚が全くなくなっていく、相手には勢いがあるというのを、ファンの人達の力を借りて、球場の雰囲気で、地の利を最大限に生かして、しのいでいるうちにファイターズらしい今年やってきた形が早くできればと。


と、緊張してきた模様。ファン頼り(笑)ということなので、ぜひとも応援を。


広瀬:決戦がもうすぐということで、どうですか今の心境は?

稲葉:楽しみですね、とても。やはり、一年間やってきて、パ・リーグのこういう1位をなんとか勝ち取ろうという大事なゲームができるという幸せを感じながらやれるということ、また、札幌ドームでできますんでね、凄い楽しみというか


広瀬:稲葉の一打で決めてください。OBとして。ビールかけお願いしますよ!

稲葉:はい、頑張ります!(固い握手) 今度広瀬さんも一緒に。

と、広瀬さんが「ありがたいね。私も本当にこの25年間待っていたからね。」念願のビールかけに参加できるので喜んでいた・・・・。結局、このインタビューはこれが目的だったのかも。


最後に、上田文雄、札幌市長も登場!

「負ける気がしなかった」
「最後のダブルプレーがね、皆立ち上がるのがね」

と大喜びしていた。

そして、勝てば、

札幌市内ぶっちぎりの大パレード
ヤッタルゼ


と、大通り公園をいつでもあけておくと約束していました。

ヤッタルゼですよ、あの市長が(笑)
相当ご機嫌でしたねえ。


さらにホークスについて、

王監督の病気で後半ちょっと気の毒な気がしますけれど、
でもついでに
どうぞお休みくださいと(笑)

これいかんかなー(笑)


これには
「福岡ソフトバンクホークスのファンの方 すみません」
とテロップが入って終了(笑)

なんともハイテンションな市長でした。


番組は、稲葉選手の直筆サインボール2名がプレゼントでした。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
HAMがいく!!
いよいよ始まります、パ・リーグのプレーオフ。ソフトバンク対日ハム。某ニュース番組より・・・。強いチームは中継ぎや抑えが強いのは、もはや球界の常識になりつつあると。JFK・・・ウィリアムス、藤川、久保田(阪神)YFK・・・薮田、藤田、小林雅(ロッテ)日ハムは・・・HA
2006/10/11(水) 15:00:04 | だらだら野球観戦日記
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。