北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイターズへの愛着って何だろう
3回目の残留交渉終了 

今日、小笠原選手の3度目の球団との話し合いがありましたね。

夕方のローカルニュース内で、
次のようにコメントしていましたね。
「今日は自分の思いを球団に伝えたいと思って
(交渉は)終始その形になりました。
思いを伝えただけなので手ごたえまでには至っていない。」


今回はガッツさんの方から球団へ何らかの話をした模様。

球団側は
「愛着があると言われてうれしかった。ポイントは誠意しかない。金額だけの勝負ではない」



以下は勝手な憶測ですが、(本気にならないでね)

確かに家族の問題もあるとは思うんですが、ファンの署名も約6000件以上集まっていると聞くし、今のところメジャーという上のチームへ行くという話でもないです。ある日本の球団からの誘いだけ。

金額だけで決めないのであれば、応援するファンがいるのに普通はチームを去らないものですよ。父親がたくさん応援されているチームを見て家族は普通は反対しないですよね。


今日、ガッツさんが何らかの想いを球団に伝えたというのは何でしょうね?
選手としての評価の不満なのか、それとも兼ねてからの球団への不満(ファンサービスを含めて)なのか。それとも別なことかもしれません。

今日の時点でも残留か移籍かは白紙でサヨナラを言いにきたわけではありません。
(まだ交渉の球団もあるので当然かと)

しかし、選手側から球団に話すってことは、
球団とのなんらかのしこりがあるんでしょうね。

選手が言いたいことを言えるようになるのは、FA権取った時ですよね。
FA権取る前に、失言とみなされたか解雇されたような選手も若干いますよね。
(個人名は避けますが)

著書にもありましたが、昨年選手会長をやっていて、選手からたくさんの不満や意見を聞いてきていますね。その中にいろいろ言えないことや苦労したことがあったと思います。

今が色々球団に言えるチャンスですよね。
例え去るとしても、ファイターズが良くなるためにも何かを球団に言ったんじゃないかなと思うわけです。

そうした懸案事項が改善されなければやはり去ると思うんですよ。


ファンが残ってくれと願う以上の何かがあるような気がするんですよね。
去ってしまえばファンを置き去りにしてしまう形にはなってしまうのですが・・。

あとは球団の誠意がどれだけあるのかですね。
自分はガッツさんが去ったとしたら、ガッツさんを恨むより球団を恨むでしょうね。
半ば脅迫していますが(笑)

他の球団からの話があるし、今日は保留しているだけでしょうね・・。


都合よく考えてしまいがちですがそんな気分です。
生え抜きの選手がいないチームはやっぱりつまらない。
一時の優勝だけに終わらないで欲しいな。

さてと、ファンフェスティバルですが、
会員と一般で分けて抽選に結構不満が出ているようですね(公式掲示板)
会員だけで抽選にすれば問題なかったような気がしますね。

たしかに一般の人の集客も必要ではあると思いますが・・。
せいぜい43000人しか入れないんですからね。
先に、会員から抽選。足りなければ一般応募というような方法でも良かったような。
いやあ、いろいろ事務的には時間も手間もなかったかもしれないですけれどね。

ま、どうでもいいです。
なぜって?

昨日、ハズレの葉書が来ましたから!・・・(>_<)


ところで、
ナンだ!? 新庄スペシャルが深夜0時10分からあるようですね。
タイトルは「新庄剛志の野球技術論ってナンだ!?」(HTB)

だってさ、新庄ファン必見!?


あっと、はなまるカフェでガッツさんが出ていたのを忘れていた。もう既に観たり知っているとは思うが、ガッツさんのひげ無し写真って、ホント若く見えるねえ。

なんか、FAの話は緘口令なんだけれど、
「どこへ行っても応援します。」というファンの声を紹介。

さすがに動揺していたガッツさんに笑った(^^;

戦力外となっていた元日本ハムの吉崎投手、
楽天に決まったみたいですね。


スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。