北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人工芝から日本が見える!?
北海道日本ハムファイターズ
サンデープロジェクトで「人工芝から“日本”が見える」というプロ野球の特集があった。サンデープロジェクトというと政治や社会問題が中心だが、プロ野球の危機もあって、たまに特集をやっている。

現在、日本の球団はオリックス、広島、阪神を除いて、本拠地は人工芝。ところが人工芝は非常に怪我をしやすい。人工芝では芝が固く、滑りにくいということが、選手の脚に負担をかけてしまう。
そのため、思い切ったプレーをしずらい、ファンにとっても選手にとってもダイナミックなプレーを見られず楽しめないという。

メジャーでは、わずか11年間という短期間で人工芝球場が激減。そこには選手の好プレーを生み出すための努力をしていたのだ。その努力もあってか入場者が戻り現在にいたっている。かつて、
巨人でプレーした松井秀喜も、人工芝を警告していた。


番組では12球団にアンケートを実施、球団から回答を得たが、どの球団も天然芝に切りかえる予定はないそうだ(´・ω・`) ただ、理想的には天然芝でという気持ちはあるようだ。

それもそのはず、ドームでは天然芝は扱いにくい。もともと雨の多い日本では天候に左右されないドーム球場を増やしてきた。しかし、それが人工芝球場の増加につながってしまった。また、天然芝は非常に維持費がかかるのも球団が切りかえない理由の一つだ。また、球団が球場を所有していないため(借りているため)自由に改造できない球場が多い。と、数々難題があって、無理そうだ。


雨や雪が降る札幌ドームでは、天然芝に切りかえることはなさそうだね・・・。太陽があたらないと育たないしね。円山球場を改装して切り替えるということも無さそうだし。

となると、ハイテク人工芝をより改良して、もっと人工芝に近づけるほかはないだろうね。それでも天然芝にはかなわないけれど。まぁとにかく、プロ野球選手は怪我が多いよね。少しでも負担をかけないようにしてあげたいんだけれどね。



かわって、ファイターズ。

■大社オーナーが「課外活動」にクギ/今季の新庄について言及


 本職はあくまで野球で…。日本ハム新庄剛志外野手(33=SHINJO)が、球団トップから「野球集中」の要求を突きつけられた。大社啓二オーナー(50)は14日、今季の新庄に期待する点について言及。新庄ならではともいえる「野球選手であり続けてもらいたい」と、選手に対してはごく当たり前すぎる?異例の要望をした。野球以外の活動が目立つだけに、シーズン前にやんわりとくぎを刺す形になった。

 大社オーナーは「プレーをしなければ価値が半減する」、「プロ野球がベースでなければならない」などと遠回しに“芸能自粛”を助言した。



俺が選手なら、「そんなこと分ってる!」って反論しそうだが、相手が相手だけに(笑)

しかし、それほど芸能活動しているかなぁ。
ローカル番組なんかはほとんど出演していないし(笑)
年末年始で特番くらいだと思うが。


まぁ、それだけ新庄に期待をしているということだろう。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。