北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開幕戦は降雨コールド
ロッテ 対 日本ハム
昨年のファイターズとは少し状況が変ったが今年もプロ野球は楽しみ。
勝ち負けだけではなくどんな戦いをするか他球団の動向も気になる今年。
さて、今日は敵地での開幕戦となったわけだが、
千葉マリン 観衆30062人 試合時間 2時間13分
チーム1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 0 2 0 0 2 0X 4 9 0
ロッテ 0 0 0 0 0 4 4 5 2




ズレータ 1号 6回
[日] ダルビッシュ - 高橋 [ロ] 清水、川崎 - 里崎

スタメン
(中) 森本稀哲 .500
(二) 田中賢介 .500
(右) 稲葉篤紀 .000
(指) セギノール .333
(一) 木元邦之 .250
(捕) 高橋信二 .500
(三) グリーン .000
(左) 坪井智哉 .333
(遊) 金子誠 .333

防御率
ダルビッシュ有 6.00

今日はTV観戦でじっくりと見てました。

今日のスタメンはオープン戦最後のスタメンからグリーン信二の打順だけ変えたオーダー。試合開始直後は風速3mという状況で、先発ダルビッシュにはいい条件。立ち上がりも良く、3回まで三者凡退という好スタートでした。3回に森本が出塁すると賢介がタイムリーヒットで1点先制、そして、木元がつまりながらもレフトへタイムリーをうち、2点リード。

さらには6回に信二、坪井の連続ヒットで3-0。ここでの坪井の打球はレフトのベニーのところへ行ったがベニーは目測を誤ったのか一度前に進んだせいで、球を後ろにそらしてしまったのだ。さらにがライトへタイムリーで4-0。森本も2塁打を放ち、ロッテの清水はここでノックアウト。川崎に交代となった。

6回には、今江が出塁、西岡がダルのグラブを弾くヒットを放ち、福浦四球の満塁。
ここで、ロッテはズレータ。

ダルビッシュは、ベニーやズレータのバットをへし折る快投をしてきたものの、序盤に外角の球が内に入るところがあった。これがまさか満塁の場面で再現してしまうとは・・。

ズレータはこのミスを見逃さなかった。
信二は明らかに外角のボールになる球を要求していたからだ。
ズレータの打球はセンターへ消えていった。

この満塁ホームランでまさかの同点・・。
いいリズムで来ていたので、がっかり。

7回にセギがこれまた大松のミスで2塁打。またリードするチャンスが来たのだが・・。風も8mになってきて怪しい天気に。案の定、雨が激しく降り始め試合が中断。また水を刺されてしまった。


雨が酷かったのでこれはコールドかなと思いつつ見ていると、なんと我らのB☆Bがグラウンドに登場。引退したロッテの諸積選手の真似をして、ダイヤモンドを駆け巡り、ホームで滑り込み!!

さらには、国歌を歌ったDef Techの『Micro(マイクロ)』氏まで滑り込み!
マスコットのMAR-KUNもお尻から滑り込み!! ロッテのMAR-KUNもなかなかかわいい。

その後、MAR-KUNがトラックに乗ってB☆Bが運転、グラウンド1周のファンサービスをしていた。

その他、ロッテのマスコット、COOLも試合に登場。ひねりを加えたアクロバットは見事だったな。これは9.9を上げたい! また、試合中断中にファイターズの森本がタオルを持ってハゲタカ?のモノマネらしきことをして大ウケだった。


試合の後味が悪かったがこれで少し和んだ開幕戦だった。

↓そしてセギちゃんです(爆)
公式レポートへ
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
千葉ロッテ×北海道日本ハム1回戦HNF 002002X 4CLM 000004  4(7回表2死、降雨コールド)ロッテ0勝0敗1分 13時1分 千葉マリンスタジアム 30062人 2時間13分投手
2007/03/25(日) 03:52:26 | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。