北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11連勝、交流戦は9連勝
日本ハム 2 - 0 阪神 
昨年に続いて今年も11連勝のタイ記録。選手の気持ちが乗っているねえ。
札幌ドーム 観衆 42222人 試合時間 3時間23分
チーム1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
日本ハム 0 0 0 2 0 0 0 0 X 2 5 0

[ 日 ] グリン(4勝3敗0S)
[ 阪 ] ダーウィン(0勝1敗0S))
[ 日 ] MICHEAL(0勝0敗11S)

[ 阪 ] ダーウィン、橋本健、久保田 - 野口、狩野
[ 日 ] グリン、武田久、MICHEAL - 高橋、中嶋


交流戦、負け無し9連勝。セ・リーグが弱いなどと、決してうぬぼれちゃいないがここまで連勝するのは昨年と同様、スモールベースボールが生きているから。ホームランは相変わらず少ないチームだがこうして連勝できているのだ。いや、スモールベースボールじゃないと多分ここまで勝てない。

だから以前からバントは大事だと言ってきた。2005年、三振の多さと犠打や足を使わない攻撃に嫌気がさしたくらいだったが、2006年、2007年とチームの攻撃を変えてきた。そこに2006年の優勝があった。今年もこのチームにとっては大事。1-0でもいいから勝つにはこうした作戦を使うしかないのだ。

スタメン
(中) 森本稀哲 .330 守備で活躍→
(二) 田中賢介 .274 1犠打1安打→
(右) 稲葉篤紀 .313 打球伸びず↓
(指) セギノール .245 先制打呼ぶ↑
(三) 小谷野栄一 .304 先制打↑
(一)小田智之 .213抑えられ↓
(捕) 高橋信二 .264 貴重な犠飛↑
(左) 坪井智哉 .318 凡打↓
(遊) 金子誠 .254 精一杯↓
代打
中嶋聡 .000 見逃す↓

この日の試合は、相手投手のボールが低めにコントロールされていて、なかなか打ちあぐんだ。こういう試合は犠打、盗塁、犠飛が勝負を左右することがあるものだ。

勝負どころで集中力の高い小谷野の先制2塁打打。その前に全力で走ったセギノールの2塁打が効いた。ランナーを三塁に置いて、犠飛でこたえた信二。得点はたったこれだけだが、投手陣がしっかり抑えれば、勝ちゲームになる。いつも全ての選手が打てるわけがない(そいういう時もあるが)。みんな4番じゃないのだし、それぞれ役割を果たしているのが今のファイターズじゃないだろうか。

一見、破壊力がないように見えるがこういう試合はこうして勝てばいいのだ。
相手のチームは敗戦して結構ショックだろうから。

森本の回転レシーブも良かったな(笑

防御率/投球回数
グリン 3.09 6 6回無失点↑
武田久 1.72 2 不安無し↑
MICHEAL 1.61 1 死球以外良し↑

前日の阪神戦では、交代に不満が残ったが、今日はこれで良かった。結果を見て良しということではなく、グリンの四球連発を見れば任せられるかというとやはり交代するのがセオリーだろうな。ベンチで投手に長々と説得する監督も珍しい。まぁ、本当は投手を信じられるようになればいいんだけれどね。

そのグリンも、だいぶマウンドでのイライラがなく、丁寧に、落ち着いて投げていたようだ。こうして落ち着いていればいい球もあるし、大量失点にはならないと思う。

それにしても、阪神は怪我人続出だしベンチ内に元気がなかったね。


↓やっぱり見たい12連勝
公式レポートへ


楽天 0 - 2 広島
西武 1 - 4 巨人
ロッテ 5 - 1 ヤクルト
オリックス 6 - 2 横浜
ソフトバンク 4 - 1 中日

スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。