北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8回の悪夢再び
西武 6 - 5 日本ハム 
1対0でも勝った試合のほうが嬉しいものだよな。
グッドウィル 観衆 14273人 試合時間 3時間47分
チーム1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 2 0 1 1 0 0 1 0 0 5 12 1
西武 1 0 0 2 0 0 0 3 X 6 11 1

[ 西武 ] 岩崎(2勝1敗1S)
[ 日本ハム ] 武田久(4勝6敗2S)
[ 西武 ] グラマン(4勝6敗12S)
[ 日本ハム ] 稲葉 14号 3回ソロ
[ 西武 ] 和田 12号 4回ソロ、G.G.佐藤 20号 4回ソロ
[ 日本ハム ] スウィーニー、押本、江尻、武田久 - 高橋
[ 西武 ] 西口、許、岩崎、グラマン - 細川

盗塁 片岡(1回) 森本(2回) 栗山(8回)
失策 中島(4回) 金子誠(8回)
暴投 スウィーニー(1回)

1回、坪井のエンタイトルツーベースで2点
3回、稲葉のソロHRで3点目
4回、金子のタイムリーで4点目
7回、稲葉のタイムリーで5点目


ある新聞で、勝った試合に極貧打線だとか書かれてたね。
はいはい、あーそうですか、今ごろ書かれてもーという感じでありますな。
今更、打てないことを煽ってもしょうがないのに(笑

得点力が落ちるのはシーズン前から折込済み。
しかも助っ人の外人は2軍行き、一人は自由契約となってしまい、得点力強化失敗の気配なのだ。しかし、接戦を勝ってきたというのはいかに選手の集中力が高いかということ。
そこを忘れてはいないか?

たいして打てなくても勝った、1対0でも勝利は勝利。オリックス戦での集中力はなかなかのものだったと思うけれどね。勿論、たくさん点数入れてたら気分は楽だけれどね。例えば稲葉ジャンプができなくて盛り上がるところがなかったから、つまらないと思っているようじゃだめなのだ。


今日の試合はエラーが絡み、さらに救援投手が打たれて逆転負け。
久も昨年の激戦があって、今年も50試合も既に登板。
マイケルと久は、昨年と同じようには行かないだろう。
こういう試合があることは覚悟すべきかと。

もう少し点が入るチャンスもあったが極貧打線と言われても5点は入れたほうだ。
打っても負ける試合はあるのだよ。

最下位じゃあるまいし、ここで選手もファンもギクシャクしてはならない。
そう思うんだな。

クライマックスマジックは23
公式レポートへ


結果は終了後更新
ヤクルト 3 - 2 横浜
中日 7 - 1 阪神
広島 8 - 7 巨人
オリックス 4 - 3 楽天

ヤクルト、ガイエルがサヨナラ二塁打
オリックス、ラロッカがサヨナラ弾
中日、立浪が通算1000打点
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。