北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1-9D 日本シリーズ第3戦 1勝2敗
日本ハム 1 - 9 中日 
今シーズン、殆どの試合を観てきて大差で負けた試合はいくつかあったが、こんなに早く勝負が決まる展開になるとは・・。



ナゴヤドーム 観衆 38068人 試合時間 3時間39分
チーム1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 9 0
中日 7 2 0 0 0 0 0 0 X 9 12 0

[ 中日 ] 朝倉(1勝0敗0S)
[ 日本ハム ] 武田勝(0勝1敗0S)


[ 日本ハム ] 武田勝、スウィーニー、建山、押本、萩原 - 高橋
[ 中日 ] 朝倉、久本、平井、鈴木、岡本 - 谷繁

盗塁 荒木(1回)
走塁死 工藤(2回)

ダルビッシュしかいないの?

なんて知らない人は書くかもしれないが、今日打たれた武田勝、先日打たれたグリンはリーグ優勝に導いてきた投手。そうじゃなきゃ、リーグ優勝するわけがない。分からない人は今シーズンの防御率を見ておいてくれ。でも、どうしたことか、いつも通りの投球じゃなかった。緊張とか堅さとか重圧とか出てしまったかな。

結果は情けない負け方だ。
ヒルマンも顔を真っ赤にして怒っていた。
今シーズンの中で一番情けないと思った試合になった。
1回に7点。こんな日本シリーズ観たこと無いと言われてもしょうがない(笑


勝ち癖がすっかりついていたせいで、今日の試合で久しぶりにガツンとやられた感じ。やはり落とし穴があったか。ブラックホールに吸い込まれたような嫌な試合になってしまった。大丈夫かなあ、ファイターズが引きずったのは久しぶりじゃないかな。本当、今年は気分よく観れた試合が多かったからなあ。


気がかりなのは、ちょっと弱気じゃないかなという点。

2番手のスウィーニーは球が真ん中ばかり行っていたので、配球どころではなかったが、勝さんにはインコースとアウトコースの揺さぶりが少なかったように思う。投手王国の強気の投球じゃなかった。単調というか。あるいは慎重になりすぎたのかは分からない。

そして2回、3試合しか出ていない平田選手を敬遠して谷繁と満塁策で勝負。結果はあの通り。なんで平田と勝負しなかったのかな? 個人的にも経験のある谷繁の方が数倍恐いと思う。まぁ、あの時点で平田にも打たれていたかもしれない。勢いついていたし。7点差だったし。止められなかったかもしれないけれどね・・。

打線はスタメンにようやくヒットが出始めた。でも稲葉がまだ無安打だ。あの稲葉が重圧に苦しんでいる感じだ。観ていてこっちも苦しい。他の打者が当たってきたので明日からは一人で背負わないで欲しい。


あとは、もういいね(笑
今日の試合を思い出すほど面白くないだろうし。


先日、ダルビッシュが沢村賞をとった。さすがダル、我らの誇り。
本当に素晴らしい投球くれたし、勝ちたいときに勝ってくれたと思う。
奴は勝つためにやってくれている。

今日の負けは重症ぽいけれどね、ナゴヤで1勝すれば、札幌に帰って来れる。
まぁ、そうなればこっちのペースだからな。


選手のコメントは公式レポートで
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。