北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金村<->中村 トレード
昨年の監督批判や今年の成績からしてこうなるのも時間の問題だったのではと言う感じが否めない。
今季年棒、金村1億8000万円と中村泰1200万円という大差があるトレード。


まぁずいぶんと金村の評価が落ちたというか。
このままファイターズに残るのも居場所が無くなってきた感じはあるし、パよりもセの方が心機一転できるだろうね。

金村自身はこれが良い選択みたいに言っていたが移籍先は阪神。
北海道のファンは暖かいがあの辺の人達はうるさいし厳しいだろうし、不本意な成績だと、どこかのハムファン以上に発狂してくることだろう(笑


しかし、金村は球団が面倒を見てくれたが、コーチ陣の不協和音は残ったまま。

金村とクビになったコーチ陣とでは、付き合ってきた年数が違うとはいえ、コーチ陣にはあまりにも冷たいしうちというか。残ったコーチもいるわけだから、単なる監督退団によるコーチ陣一新じゃなくて、方針にそぐわない、あるいは気に食わないといったところがあったのは事実のようだ。

傍から見れば、ワンマン社長のやるような解雇通告みたいだったからなあ。


日本シリーズは負けたがリーグ優勝はできた。その喜びは今年も十分あった。
でも、シリーズが終わって正直、残念な気分が残ってしまった。

ヒルマンも最後は何の騒動もなく米国に帰って欲しかったのだ。
ロイヤルズに就任しようが、家族と共にのんびり暮らそうが、どちらでも良かった。
しかし、シリーズ前に一時帰国して騒動になったことは結果的に残念だったし、コーチ陣の不協和音が拡大したようでならない。

気持ちよく米国に帰ってもらいたかったんだよね。
本人はあっさりしているみたいだけれど。


佐藤コーチがあんなに不満を残して去ってしまった。
ダルを育てたコーチでもあるし、若手も慕っていたという話を聞く。

日本シリーズでは、中日の落合が約束事とはいえ、頭を丸刈りにして臨戦。
ファイターズはどこか不協和音を感じながら試合をしていたのかもしれない。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。