北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここだけの話
日本代表のオシム監督が脳梗塞で入院というサッカーのニュースにびっくりして久々にブログ更新。
ファイターズの話題に飽きたわけでもないのだが昨年より今年のほうが脱力感が大きくてね。

そんなわけで今回はここだけの話ということで、あまり面白い話ではないことを断っておく。
今年の脱力感は、日本シリーズがコケたからというのもあるがドタバタ人事で嫌気がさしてたせいかな。日本シリーズが終了したよ翌日にセギの退団話とか。球団が早く追い出したいようなのが見え見えで。リーグ優勝した直後の後味の悪さは、昨年、小笠原が退団したの時よりも気持ちのよいものでなかった。


ドタバタ人事の理由を日刊が記事にしている。

初志貫徹のコーチ解任劇/日本ハム連載上 - 日本ハムニュース : nikkansports.com
http://hokkaido.nikkansports.com/baseball/professional/fighters/p-hf-tp0-20071114-282504.html

会議中にゲーム、ベンチでいねむり・・
まるで学校で面白くない授業を聞いてサボっていたかのようなよくある話だ。
日刊の記事は脚色が多くてどこまでホントなのか分かりかねるし。

しかし、あの記事には善と悪のような感じの記事になっていて、球団にとっても良くないような気がした。後になって出てきて、人事批判された球団に対する擁護にも見えてしまう。あの記事を見て、多くの人は前コーチが不真面目な悪者としか映らないだろうな。

前コーチは優勝には全く貢献しなかったのだろうか?
その辺が見当たらないのなら解任と言うのも容認できるのだが・・。


要約すると前コーチと前監督のそりが全く合わなかったということだろう。
解任された後、前監督に向けてぶちまけた発言が物語っていたし。
前コーチと監督によほどな亀裂があったのだろうなということは想像できる。

確かにあの記事のような態度であれば関心はできないけれども、前監督にも問題点がなかったというわけでもない気がする。

例えば米球団入団会見のための一時帰国。

前監督は優勝を導き、球団は神扱いしていたかもしれないが、結果として日本シリーズ前に一時帰国して騒然となり、チームは敗戦したことは後味を悪くなってしまった。マスコミが騒いでいるだけとは思わなかった。あの一時帰国が問題視されたのは間違いではなかったと思う。対するドラゴンズは本当に必死だった感じがした。ファイターズはベンチ内はチーム一丸ではなかったのだろう。その差が結果になって現れてしまったのかもしれないと今でも思う。

ゴタゴタやギスギスしたものは観たくないし、そりが合わなくても大人の対応をして欲しいものだなと思う。


ともあれ、これからは梨田新監督。
心機一転なのだが、GMにより大阪桐蔭・中田翔を捕手にするという訳分からんプランがあったというから驚きだ。

当然、撤回された。一体何を考えているのかGMは。
梨田監督もさすがにこんな提案は受け入れなかったね。
まともなGM使ってよ。カムバック高田GMと叫びたくなった(笑
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。