北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC:メキシコ勝利で準決勝進出
北海道日本ハムファイターズ
奇跡の準決勝進出

奇跡だ。本当に。
メキシコが2点とって、アメリカに勝たなければ準決勝進出にならないのだが、それを見事にやってくれた。それには、奮起した理由があったね。

なんと、また審判が誤審を起こしたからだ(下部詳細)

【WBC】ポール直撃?の二塁打 - nikkansports.com > 野球ニュース

米国寄りと思える判定が3回にあった。しかも、判定を下したのは日本戦で「走者の離塁が早かった」として勝ち越し点を認めなかったデービッドソン審判員だった。  この回、先頭のバレンズエラの打った打球は右翼ポールを直撃したかにみえた。右翼手がジャンプしながら差し出したグラブのかなり上を通過してグラウンドにはね返ってきた。しかし、一塁塁審のデービッドソン審判員はフェンス直撃と判断したもよう。ボールには右翼ポールの黄色い塗料が付着しており、メキシコベンチは猛アピールしたが判定は変わらなかった。


酷いもんだね。ホームランを2塁打にされてしまったんだから。しかも、塁審はあの日本戦で判定を覆したデービッドソン。事実をねじ伏せたわけだ。メキシコが怒るのも無理はない。こうなってくると、アメリカって審判まで味方につけていたことがはっきりしたね。こんなジャッジ2度もしないよな。これだからWBCは、アメリカの茶番臭くてイマイチ乗らなかったのだが、日本が戦う以上、見ないわけにはいかなかった。でもなんていうの、審判まで味方につけるアメリカもお粗末になったものだな。

我々日本人選手は、野球やオリンピックにしろ、薬物にも誤審にも負けずに戦って、ホント誇りに思うね。今の日本代表には負けても拍手を送りたいと思う。

しかし、今後改善しないなら、WBCはダメだね。どうみてもおかしなところばかり。改善なしにWBCの発展はないね。


イチローがインタビューを受けていたが、韓国に負けたことは、屈辱的だと発言してたね。これまで、イチローのプライドの高さと負けず嫌いなゆえに彼があまり好きではなかったが、やっぱり真の日本人だなって思った。愛国心の少なくなっている日本人に何か燃えるものを見せてくれたなって感じがする。


自分も屈辱的だなって思ったな、そこだけ、合致しちゃったし(笑) やっぱり日本人なんだな、どうしてもあの国には負けたくないんだよね。たかが野球なんだけれどね。政治、経済、スポーツにしろ、あの国に負けたら終わりって感じがするんだよね。(´∀`;)

まぁ、ストレートに言ってしまうところ、イチローらしいけれど、もうそろそろ抑えた方がいいね・・。心の中に留めておいた方がいいと思うな。イチローは耐えられるかもしれないが、周りの選手が耐えられないかもしれないし。もう遅いか、イチロー言っちゃたし。(´∀`)


またまた負けれないプレッシャーがのしかかるね。次はまた韓国戦なんだな。ガッツは張りがあるらしいけれど、怪我なく勝って帰ってきて欲しいな。


日本時間3月17日(金) 9:30/エンゼル・スタジアム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
米国 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
メキシコ 0 0 1 0 1 0 0 0 × 2
勝:ゴンザレス  負:クレメンス  S:コルテス
米国:クレメンス、シールズ、フエンテス、ストリート、ネイサン
メキシコ:ペレス、カンポス、ゴンザレス、リンコン、ビジャレアル、デ・ラロサ、アヤラ、コルテス
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
昨日を最後にWBCの話題は触れまいと思っていたが、“棚ぼた”的吉報が飛び込んできた。前回勝利を呼び込んだデービッドソン審判員の“誤審の甲斐もなく”アメリカが1-2でメキシコに敗
2006/03/17(金) 22:02:13 | プロ野球狂の詩
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。