北海道日本ハムファイターズを追いかけるブログ

ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25日観戦、後記
北海道日本ハムファイターズ
倒れた人がいた






25日のB・Bは勝負モヒカンの白


開幕白星、小笠原1号ホームラン!(一部訂正)では省略した部分の話。

おまけ写真はつづき↓
入場時は風で寒くて、帰りは地獄だったと多少誇張して書いたが、それは42000人以上の観客がありながら、実は試合終了後、大入りカードを手渡したことで、大混雑したこと。球団としては、大入りに感謝してのカード配りだったんだろうけれど、この日の札幌ドームは出口を1箇所にしているし(北口)、もともとあまり出入り口が広くない!

案の定、試合終了後は帰宅しようと人が大行列。しかも、カードを手渡しの作業のせいか、人が流れていかない。立ち往生すること数十分。人の出す熱は凄いもので、だんだんと暑くなってきた。

周りの人もイライラ気味。ここで将棋倒しになったら、怪我人が出そうな雰囲気だったので、一旦スタンドへ引き返した。まぁ日曜だったので、まったりと帰ることにしたから良かったものの、時間に余裕がない人はさぞイライラしたことだろうね。

しかも、出口に男性が1人倒れていた。恐らく30代くらいの人。熱さで具合悪くなったのかね? 後から救急車が来たようだ。




これが大入りカード(左)、右はOnチャンのシール(これは入場の時配られた、混雑には無関係)

せっかく勝ったのに、最後は気分を悪くしていた人が多かった。あれではカードも大して喜ばれたかどうか。



開場で並んでいたときも待っている人は不満続出。「日本ハムって手際が悪いよね!」と言っていたおばちゃんたちを思い出す。相変わらず改善していないってことか・・。

事故を防ぐために人の流れを1方向にしたのだろうけれど、とにかく別な方法できなかったのかな。カードは貰いたい人だけ貰えばよかったと思うし、楽天ファンは貰うのかな。(カードの裏はファイターズ選手の集合写真)


というわけで、楽天野村監督がぼやくのと同じくぼやいたのだった。



試合前、たくさんの報道陣に囲まれていた野村監督
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
この記事へのトラックバック
この記事のトラックバックURL
Powered By FC2ブログ. Copyright ©ROAD TO THE DOME : ファイターズ応援 All Rights Reserved.

Template Design By gotodome 2005-12-4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。